腸内環境を整えるには 2

皆さんおはようございます(^O^)/
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
昨日の続きですが、少し私の昔の食事内容をご紹介します。
かなり不健康でした(笑)
専門学校を出て19歳から24歳までスポーツクラブで働いていたのですが、
お昼ご飯は近くの喫茶店で、夕方は隣のマクドナルドでほとんど毎日食べていました。
夜はだいたい家に帰るのが12時過ぎでしたので、ビールとおつまみで済ますことが多かったです。
そんな食事をしていても、カラダを動かしているおかげか全く太らず体重は63kgをキープしていました。
しかし、良く風邪をひき上司に叱られていました(笑)当時は体育会系によくある鉄拳制裁を
うけていました。今ではいい思い出ですが…(笑)
24歳から約10年間障がい者施設で働きました。お昼ご飯は給食です。
障がい者の方々は食が細いです。僕が大食漢なことを知っている利用者の方は、残しそうなものを
先に私にくれるようになりました。毎日4~5人分は食べていたでしょうか・・・
障がい者施設に勤務するようになってからは、全く運動をしなくなりました。
食べる量は変わらないのに、カラダを動かすことをしなくなったら皆さんもわかる様に
太ります!
最大で85kgは超えました。このころは2年に1回はインフルエンザにかかっていました。
そして、整骨院業界に入り学校へ行きました。机に座って勉強するととても眠たくなります。
これはいかんという事で、脳の栄養だと当時は思っていたのですが、甘いものを良く食べるようになりました。
元々、甘いものも食べていたのですが、学校へ行っている3年間は特に増えました。
体重も90kgを超える事もありました。
国家資格を取得し、分院長を任されるようになると患者さんへの責任、院の売り上げ、
スタッフ教育などストレスが多かったです。
なので、良く食べていました(笑)
朝から、焼き立てパン4個、昼は外食でサラダバーのあるようなところ、なければ大盛り、
夜は、なんでも良いのでお腹一杯になるものと焼酎という生活でした。
食べる事でストレスを解消しようと思っていたわけではないのですが、ブレーキは効かなかったです・・・
そんなこんなで、独立開業したころは体重80kg体脂肪率34%くらいでした。
独立すると私の代わりはいないと思うようになり、カラダの事をさらに勉強し出しました。
そんな時に、腸の大切さを氣づかせて頂いたのが、元新潟大学教授の安保徹先生や
東京医科歯科大学名誉教授の藤田拡一郎先生、TokyoD.Dクリニックの内海聡先生、
ご塩社の笹谷さん方のおかげです。
色々な書籍やブログ、ネット記事を見て納得できたことが私の「腸無い環境を整える」事へと
繋がりました。
一時期は体重72kg体脂肪率20%まで落とすことに成功しました。
今は、少し戻って体重75kg体脂肪率24%ですが、ものすごく調子がいいです。
体重と体脂肪だけではありません。
20歳の頃から患っていた花粉症もここ3年全く氣になりません。
よく風邪をひいていたのですが、それも全くありません。
インフルエンザも予防接種していた頃はよくかかっていましたが、今は全くかかっていません。
予防接種も全くしていません。歯もいたくなりません。
これらの結果も、すべて「腸」のおかげだと感じています。
自他ともに認める食べること大好き、ジャンクフード大好きだった私も出来た事です。
「腸内環境を整える」という事は時間のかかる事ですが、続ける事で体調が変わり、味覚や食感
も変わります。美味しいものを美味しいと感じることが出来、食事も楽しくなります。
昨日も書きましたが、まずはレコーディングして自分の偏りを確認しましょう。

腸内環境を整えるには

皆さんおはようございます(^O^)/
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
最近、TVなどでは「腸内環境」「腸内フローラ」の話題が多くなってきました。
最近よく耳にする事は、「腸内細菌を整える為に○○というサプリがいいらしい」とか
「○○という女優さんはこれを飲んでるから肌が綺麗」と言う様なサプリの広告を見た方の話です。
確かに、足りないものをサプリで補うことも必要かもしれませんが、
まずは、「食事の見直し」をする事が大切だと思います。
「食事の見直し」は簡単なようで難しいものです。
美味しいものを食べるというのは何より楽しいですよね(笑)
私も食べることが好きなので、食事の見直しは難しく感じていました。
では食事の見直しとはどうすればいいのでしょう。
まずは、頭で考えるのではなくカラダ(腸)で食事を考えることです。
皆さんの中には???となっている方も多いと思いますが、
頭で考えて食べ物を選ぶと「好きな物」ばかり食べてしまいがちです。
又は時間が無いからといって、
昼食後のスケジュールを考えて手軽に食べれるものなどになってしまいます。
「体に良いもの」と「自分が好きな物」は違いますよね。
なのでカラダで考えるのです。
私がまず行ったことは「レコーディング」です。これは以前からダイエット方法としても
有名ですので、知っている方も多いと思います。
1日食べたものをすべて書き出すというものです。(嘘はダメですよ(笑))
書き出すことによって、食事の偏りが分かります。
以前にもいたのですが、なかなか体重の減らないダイエット患者さんにレコーディンクを見せて
頂いたところ「朝:パン 昼:うどん 夜:グラタン」という様な日がたくさんありました。
これは全て炭水化物です。メニューとしては違うものですが、栄養素としての偏りがあります。
こういった状態になる事を避ける必要があるのです。
1週間などの期間を決めて一度レコーディングをしてみてください。自分の偏りがよくわかります
まず大切なことは「バランスの良い食事」です。
いくらサプリを飲んでいても、食事のバランスが崩れると良くありません。
我々人間のカラダはやはり「食べる物」で出来ているから出す。
長年の食事バランスの乱れを一瞬で改善することは不可能です。3ヶ月から半年くらいの期間を
かけてゆっくりと整えていきましょう。

毎週恒例のデイサービスに行ってきました

皆さんおはようございます(^O^)/
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
%e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9
昨日も、デイサービスに行ってきました。
寒くなり、雨も降る中皆さん元氣に運動し、汗をかいていました。
体調を崩して2ヶ月間お休みしていた方も、久しぶりにカラダを動かし「あ~しんど~」と笑って話していました。
カラダを動かさないと、筋肉はどんどん衰えてしまいます。
2ヶ月間、ほとんど家から出ずに座っていたそうで、かなり体力も落ちていて、以前行っていたマシントレーニングも
負荷を落とさないと出来ない状態でした。
壮年期にはあまり感じないかもしれませんが、特に高齢者の場合筋肉の衰えは激しいです。
筋力が衰えると、動くのがしんどくなり、どんどん動かなくなってしまいます。
少ししんどくてもできることを続けることが大切ですね。

ヘルニアは腰痛(下肢痛)の原因ではありません

皆さんおはようございます(^O^)/
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
『椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、
年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、
健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。』
http://1.usa.gov/iN3oKG
国際腰椎学会でボルボ賞を受賞した有名な研究です。
先日も、整形外科で「腰椎ヘルニア」と診断された方が、整形外科でシップと
薬をもらいながら、家の近所の整骨院で週2~3回通っていても一向に
良くならないとネットで当院を探して来院されました。
どうしても、整形外科で医者に「原因はこれです」と言われると、意識が腰に
行ってしまい、治るものも治らないですね。
整骨院で腰をマッサージされていたそうですが、それでも治らないのは
原因が他にあったからです。
この方の場合、腰をかばう癖と股関節に異常があり、骨盤・股関節のバランスを
整えると、痛みは軽減しました。
長年かばっていた為に、完治までは少し時間がかかると思われますが、
間違った常識(今まで信じられていたこと)は捨て去り、適切な治療と正しい知識
で痛みのないカラダを取り戻しましょう。

腰を氣にせずゴルフを楽しめました~

皆さんおはようございます(^O^)/
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
昨日来られた患者さん。40代の男性なのですが、昨年12月の中旬に来られて3回目の施術でした。
久しぶりに始めたゴルフが原因なのか、腰が痛くなり、会社の同僚の方にしっかりとした整体に行って
治療してもらうように勧められ、ネットで検索して当院を見つけたそうです。
初回の施術途中「あ~なんか違うわ~」施術後「カラダが軽い!」と喜んでおられ、痛みも半減しました。
2回目の施術は1週間後の昨年末、また痛くなったら嫌だという事でゴルフは慎重にしておられたようですが、
打球場で打っても痛みはほとんど感じなかったそうです。
新年開けて3日の日に、久しぶりのラウンドをされたようなのですが、「全く痛みを感じず、楽しめました!」
と仰っていました。「腰を氣にしないですんだので、成績も良かったです。」と笑顔で話してくださいました。
痛みを感じ乍らだと、楽しいはずの趣味も楽しくないですよね。腰の痛みを気にせず楽しんでプレー出来た事は
私も嬉しいです。
この方の場合3回の施術で完治、次回は1か月後のメンテナンスに移行します。
普段のちょっとした注意に私の施術を足すことで痛みのないカラダを作ることが出来ます。
Mさん趣味のゴルフを楽しんでいただける様にこれからもお手伝いさせて頂きます。

本日の予約状況

1月11日  月曜日
おはようございます(^O^)/
朝焼けとてもきれいな和泉市。
今日も寒いですが、例年よりは暖かいのだとか・・・
今日は鏡開きで成人式ですね、通勤時何店かの美容室は
電氣がついていました女性は髪の毛のセットや着物の着付けなど
時間がかかるので大変ですね~
新成人の方おめでとうございます。
さて、本日の予約状況です。
[残り3名 新規の方1名]となっております。
明日12日(火)の予約状況は
[残り4名 新規の方2名]となっております。
当院は完全予約制です。ご予約なく来院された場合かなりの時間
お待ち頂く事がありますのでご了承くださいませ。
最近は前日までにご予約を取られる方が多いので
当日のご予約はご希望の時間が取りにくくなっております。
ご予約を取る場合は、今すぐにお電話ください。
予約専用番号 0725-53-2800
なお、急な痛みに関しましては、上記の限りではありません。
笑福整骨院


笑福整骨院エキテン
http://www.ekiten.jp/shop_6768709/

サポーターに頼らないでくださいネ

皆さんおはようございます(^O^)/
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
先日来られた患者さん、30歳代女性。
出産後、自宅に戻り家事と育児を一人で行うようになり、腰の痛みと左手首の痛みを感じる様になったとの事。
しばらく様子を見ていたそうですが、なかなか良くならずネットで探して来院されました。
元々、冷え症がありご自分や家族の健康のことを考えて玄米食、生姜湯、冷え取り靴下等取り入れていたそうです。
とりあえず左手首の痛みを何とかしてほしいとの事でしたが、
検査をしてみると、体重の偏りから股関節に問題があり、
腰からの影響が手首にも出ていたので、全身の整体をしたあと血流を改善するようにしました。
施術後は手首の痛みも半減し、腰も軽くなったとの事。
手首には市販のサポーターをされていたのですが、出来るだけ使わない様にアドバイスさせて頂きました。
毎日様々な患者さんが来院されますが、慢性の痛みを持っている方は往々にしてサポーターに頼りがちです。
TVやラジオでサポーターのCMを毎日見る為だと思いますが、決してお勧めできません。
昔は私も腰痛ベルトをしていたので氣持ちはわかります。
安心感はあるかもしれませんが、カラダがサポーターに頼ってしまう為お勧めはしません。
サポーターで痛みが軽減することはありません。
出来るだけ、自信の筋肉でサポートすることが良いですよ~。

腰痛の原因は脳にある

皆さんおはようございます(^O^)/
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
腰痛の原因は”脳”にあると言われて久しいです。
未だに腰に原因が・・・と言っている医療関係者はいないと思いますが、一般には浸透していません。
レッドフラッグ、イエローフラッグ、グリーンフラッグと分類されますが、
イエローフラッグについてはニュージーランドの事故補償公団が七つのカテゴリーに分類していますので、
ご紹介します。
○不適切な態度と信念
1.痛みは腰にとって有害だと信じ込んでいる、あるいは痛みを恐れて
回避行動(動作恐怖と極端な用心深さ)をとり続けている為、ほぼ寝たきり状態にある
2.完全に痛みが消えなければ、日常生活に戻れないと信じ込んでいる
3.痛みは動いたり仕事をしたりすることで強くなると思っていて、元の生活に戻る自信が  ない
4.カラダの状態を誤って解釈し、最悪の事態だと考えて絶望している
5.痛みを消すことは出来ないと信じ込んでいる
6.積極的に社会復帰しようと思わない
○感情の問題
1.動いたり仕事をしたりすることで強くなった、痛みに対する恐怖心がある
2.抑うつ状態(気分が落ち込んでいる)にあり、楽しいと思える事が無い
3.普段より怒りっぽくて、いつもイライラしている
4.不安感が強く、身体感覚が過剰(交感神経の興奮)になっている
5.大きな心理的ストレスを感じている
6.対人恐怖や引きこもりなどの社会的不安障害がある、あるいは社会的活動に興味が無い
7.自分は役立たずで、誰にも必要とされていないと感じている
○診断と治療の問題
1.機能回復を目指す治療は行わず、安静にするようアドバイスされた
2.腰痛について異なる診断や説明を受けて混乱したことがある
3.絶望感と恐怖心を抱かせる(車いす生活や寝たきりを連想させるような)
4.治療への依存を強化し、受け身的な治療を継続させようとする、脚色された説明を受け  た
5.この1年間、腰痛以外の問題で何度か医療機関を受診している
6.治療者に対してカラダを機械の様に扱う事を求めるなど、治療技術への期待感がある
7.これまでの腰痛治療に不満がある
8.仕事を辞める様に忠告を受けた
○不適切な行動
1.いつまでも安静にしたり、必要以上にカラダを休めている
2.日常生活動作を避けている為に、活動レベルが低下している
3.運動を進められても従わないか、あるいは定期的に運動をしないので、
運動量の変動が激しい
4.これまでの活動を避けるようになり、生産的な活動から離れていくような生活に変わっ  てきた
5.0~10までのペインスケール(痛みの尺度)で10を超えるほどの過剰な痛みをうったえる
6.治療者や医療機器に対する依存心が強い
7.腰痛になってからあまり良く眠れない
8.腰痛になってからアルコールやサプリメントなどの摂取量が増えている
9.煙草を吸う
○家族の問題
1.配偶者やパートナーが必要以上に気遣ってくれるものの、かえって痛みに
対する恐怖心をあおったり、あるいは絶望的な気持ちにさせたりする
(大抵は善意からのもの)
2.配偶者が心配して、なんでも代わりにやってくれる
3.無視されたり欲求不満をぶつけれたりして、配偶者からひどい仕打ちを受
けている
4.職場復帰に向けたあらゆる試みに家族の協力が得られない
5.様々な問題について相談できる相手がいない
○仕事の問題
1.農業、漁業、林業、建設業、看護師、トラック運転手、作業員といった重労働の職歴
2.頻繁に転職を繰り返していたり、あるいはストレスの多い仕事、
不満のある仕事、同僚や上司との関係がうまくいかない、やりがいの無い仕事などの職歴
3.仕事は腰を傷つける危険で有害な物だと信じ込んでいる
4.非協力的で不幸な職場環境にある
5.学歴が低く、社会的・経済的地位も低い
6.物を持ち上げる、重いものを取り扱う、座りっぱなし、立ちっぱなし、
車の運転、振動、無理な姿勢や同じ姿勢を強いられる、休みが取れない
柔軟性の無い勤務スケジュールなど、生体力学的影響を強く受ける仕事
7.24時間シフト勤務、あるいは夜間、早朝、週末などの時間帯で働いている
8.職場復帰する際、軽い仕事から始めて、段階的に作業量を増やすことが許されない
9.腰痛になったことを報告するシステムが無い、報告が禁じられている
経営者や上司からの懲罰的反応など、腰痛に対する職場の対応で嫌な思いをしたことがあ  る
10.経営者が関心を持ってくれない
○補償の問題
1.職場復帰に対する経済的動機が乏しい
2.受給者資格審査が難航していて、所得手当てや障がい保障の給付が遅れている
3.別の障がいや痛みの問題で補償請求をしたことがある
4.別の障がいや痛みの問題で長期欠勤(3ヶ月以上)をしたことがある
5.前回の腰痛でも補償請求と長期欠勤をした
6.効果の上がらない治療を受けたことがある(親身になってくれなかった、酷いことをされ  たと感じた)
昔から日本では「病は氣から」という言葉もある通り、氣持ちが大切なんですね。
腰痛が起こったとしても、重大な病変が無い限り必ず元通り動くようになりますので安心してくださいネ。

肩こりを健康保険で診る事は違法ですよ

皆さんおはようございます(^O^)/
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
先日、来られた新患さん30歳代の女性の方です。
当院のホームページをご覧になってこられたのですが、ものすごい肩こりと足のむくみでお悩みだったそうです。
今までは、近くの整骨院に通っていたのですが、なかなか時間が合わず探していた時に当院のHPを見つけた
との事でした。
お話を聴いているうちに、肩こり以外の症状もあり困っているとの事でした。
初めて来られる方は、よくあるのですが話しているうちに思い出したりこれも言っておこうかなぁ思ってもらえたり
します。
施術をして、お会計の時に「保険証いりますよね」と一言。
「今までは保険で肩こりの治療を受けていたのですか?」
「はい」
「当院では、そういった違法行為はしておりません」
「あっそういうのはダメなんですね」
「そうです」
「わかりました」
と納得されて次回の予約を取って帰られました。
昨日も、柔道整復師が逮捕された事案がありましたが、もっと我々の業界が改善しなければならないと
痛感しました。(和泉市の「○○○整骨院」のことですよ~)
当院では、厚生労働省の通達通りに急性のケガ以外の治療は自費とさせていただいております。
その代り、保険の範囲で縛られないお一人お一人のカラダに合わせたオリジナルな治療を受けて頂く事が
可能です。
1週間に2~3回整骨院に通っていて、3ヶ月以上同じ症状でお悩みの方はご連絡ください。

今年最初のデイサービス

皆さんおはようございます(^O^)/
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
%e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9
昨日は、今年最初のデイサービスに行ってきました。
今年から新しい利用者も増え、新鮮な感じでスタートしました。
頚椎症でOPEされた方も1ヶ月以上早く戻ってこられました。
2ヶ月間寝たきりで下肢の筋肉が落ちてしまっていたので、もう一度筋力UPいて行こうと張り
切っておられたのでブレーキを掛けるのが大変でした(笑)
朝から少し体調が悪かったので、最悪休もうかと思ったのですが、来られた方々とカラダを動かしているうちに
調子も整ってきました(笑)。逆に元気を頂いた半日でした。

1 78 79 80 81 82 83 84 92