股関節の痛みは無くなりましたが、今度はお尻が痛くなりました。

本日の腰痛新常識
『腰痛のない大学生25名を対象に腰への負担に対する心理テストと性格特性の影響力を調べた
結果、心理的ストレスは単独で腰痛の原因になり得るだけでなく、
内向型と直感型の性格特性は心理的ストレスによって腰痛発症リスクが増大する。』

http://1.usa.gov/pD9Tsn

イエローフラッグ(心理社会的要因)が

腰痛の原因、慢性化、再発、に関係がある事は科学的に証明されていますが、

もしかしたら腰痛になりやすい性格と言うのもあるのかもしれません。

今後解明されることを期待しましょう。

 

 

先日来た高校2年生、野球部のピッチャーをしている患者さん。

半年くらい前に股関節の痛みで来院して以来の来院でした。

当時から股関節の硬さがあり、うまく股関節を使えていなかったのですが、

クラブや学校がなかなか忙しく、しばらく施術できていませんでした。

股関節の痛みは全くなくなったそうなのですが、今度は臀部の痛みがあり、

投げる事が出来ないという事で来院されました。

公立高校で短い練習時間の中がんばっているので、早く治る様に、施術しました。

2回目の昨日、痛みは半減し不安もなくなったという事でした。

3年生が引退し、メンバーが足りないので、

今日からの試合も出ないといけないそうで、

準公式戦何とかケガ無く終えてほしいですね。

しんどい時は先生の顔を思い出してセルフケアしています⁉

本日の腰痛新常識
『患者に不安や恐怖を与えると間違いなく痛みが増幅する。
このノーシーボ効果は想像以上に強力で、
ヴードゥー死、タブー死、ノスタルジー死で証明されているように
命に関わることさえある。』

http://amzn.to/pXA5WR

患者さんに対して「このままほって置いたら将来歩けなくなりますよ」

と言うより「いつまでも自分の脚で歩けるようにしたいですよね」

と患者さんを安心させられる言葉の方が良い結果が出ます。

又患者さん側も「歩けなくなるかも」ととらえるより、

「いつまでも自分の脚で歩く」とプラスに捉えることが大切ですね。

 

 

 

 

先日約2ヶ月ぶりに来られた40代女性の患者さん。

もっと早くに来たかったそうですが、子どもが夏休みで家にいてる、

お父さんの入院や仕事もばたばたで、

なかなかゆっくりとした時間が取れなかった様です。

「しんどくなったら先生の顔を思い出して、セルフケアしてます」

と嬉しいお声をいただきました。

自分のリズムと違うリズムになった際はどうしても体調を崩したりしやすいです。

そんな時は、少しでもリラックスできるようにする必要があります。

それはお一人お一人違うので、ここでは書けませんが、

共通することは暑い時に冷やしすぎないことが大切ですので、

38度程度の温めのお風呂はお勧めです。

あの痛みが嘘の様です⁉

本日の腰痛新常識
『椎間板ヘルニアに対する手術に関する論文81件を厳密に検討した結果、
椎間板ヘルニアの手術成績は短期的に見れば良好だが長期的に見れば
保存療法とほとんど変わりがなく、心理社会的因子の影響を強く受けていることが確認された。』

http://1.usa.gov/q1HPOA

椎間板ヘルニアの手術と保存療法を引かくした際長期的に見ればほとんど差は

ないことが証明されました。

これは世界的な第一級の期間の調査です。

椎間板ヘルニア=手術と言う間違った概念を払拭しましょう。

 

 

昨日、来られた40代の男性の患者さん。

「脊柱管狭窄症」と診断され、週に1回のブロック注射を受けて仕事を休んで自宅で

安静にしていましたが、3週間たっても一向に良くならず、

ネットで当院を見付けて来院されました。

来院当初は足を引きずり立ち上がる時も顔をしかめてとても辛そうでしたが、

今では全くそんな感じも無く、

「あの痛みが嘘の様です」と喜んでおられます。

お盆にも実家までのロングドライブを楽しめた様です。

まだ、疲れると腰に張りが出るので、もう少し施術は必要ですが、

劇的な回復に喜んで下さり私もとても嬉しいです。

上向いて寝てもいたくないし痺れがマシになった~

本日の腰痛新常識
『1966年~1996年に発表された急性腰痛患者に対するアドバイスに関する論文を
レビューした結果、安静臥床は効果がないばかりか回復を遅らせるが、
日常生活を続けると職場復帰が早く、慢性化を防ぎ、再発率も低下することが判明。』

http://1.usa.gov/iKlS4V

約50年前に出された論文です。

世界最新の腰痛治療ガイドラインの内容ですので、

医療関係者で知らない人はいないと思います。

急性腰痛の場合、安静にすることで回復が遅れます。

痛みに負けないで、日常生活を続けてください。

 

 

 

 

昨日、デイサービスが終わってから実家に行ったのですが、

近所のおっちゃんが以前から脊柱管狭窄症で整形外科に通っているけど

一向に良くならず、シビレがひどく腰の痛みも出てきたそうで、

整形外科では「もう治らない、注射をするくらいしか出来ない」と言われたそうで、

「一度見たって」と頼まれたので、急遽実家に来ていただき施術をしました。

約10分程度でしたが施術をした後

「あれっ上向きで寝てもいたくないしシビレもマシになってる」

と変化が出たことに驚いておられました。

この方の場合、お尻の筋肉が硬くなり血行を悪くしていたのと、

便秘で胃腸の疲れが出ていたことが腰の痛みやシビレの原因でした。

この様に腰下肢痛や痺れの原因が腰にだけある事はあまり考えられません。

根本的な原因を見つける事で回復は早くなりますので、

もし今痛みが続いていて困っている方は諦めないでくださいネ

まっすぐ立てるようになりました~

本日の腰痛新常識
『腰痛患者161名を時代遅れの小冊子群と新たな腰痛概念に基づく小冊子群に割り付けて
1年間追跡したRCT(ランダム化比較試験)によると、
新たな小冊子群は動作恐怖が低下すると共に回復が早いことが判明。
従来の考え方を改めるのは有効な治療法である。』

http://1.usa.gov/mP29eM

牽引をしたり、湿布や鎮痛剤を出したり、

安静を促したりという治療がいまだに行われたり、

レントゲンを撮って「あなたの腰はこうなっているから痛いんです」と言う様な治療?は

50年前から欧米では科学的な根拠がないという事でされていない治療です。

間違った常識を捨て去り正しい知識で腰痛を怖がらないでくださいネ。

 

 

 

先日、ぎっくり腰で来られた29歳の女性の患者さんですが、

当院は完全予約制ですので、

普段は飛び込みで来られた方はお断りをしているのですが、

ご主人に支えられて歩くのもつらそうな状況でした。

次の予約まで少し時間があったので、受け入れ施術させて頂きました。

元々腰痛はあったようですが、ぎっくり腰は初めてという事で歩くのは勿論、

座った後立ち上がる事も、ベッドに上がる際も降りる際もかなりゆっくりでないと

動けない状態で普段は問診でしっかりお話を聴くのですが、

そんな状態ではないので、施術しながらお話を聴き原因を追究。

筋肉を触るとかなりガチガチになっていたので、お腹周りと臀部の筋肉を緩めました。

施術後も動くのが怖いと言っていましたが、次回のご予約を取って帰られました。

普段は1週間ほど間隔を開けるのですが、

この方の場合続けて施術した方が良い為翌日にもう一度来て頂きました。

すると院の玄関を一人で入ってこられ「まっすぐ立てます~」と仰ってくださいました。

痛みがきつい場合はすぐに痛みがひかないことがありますが、

翌日には何らかの変化が現れます。

この方の場合は根本原因がかなり根深いので痛みがなくなってからが勝負です!

腰が軽いし痛くない~♪

本日の腰痛新常識
『オーストラリアのビクトリア州で「腰痛に屈するな」という大規模なメディアキャンペーンを実施し、
近隣のニューサウスウェールズ州と比較した結果、次の4点が明らかとなった。』

http://1.usa.gov/mQ628O

http://1.usa.gov/qTkwry

テレビ、ラジオ、新聞、ポスター、看板、小冊子などを駆使して

新たな腰痛概念を広く普及させた有名なメディアキャンペーンです。

(1)キャンペーン群では腰痛患者の動作恐怖スコアが改善した。
(2)キャンペーン群では腰痛による欠勤日数が減少した。
(3)キャンペーン群の労災申請件数は15%減少した。
(4)キャンペーン群の医療費は20%減少した。
すなわち、正しい情報提供だけで33億円を超える経費
(労災補償費と医療費)を削減できた。

日本でも「病院に行こう」ではなく正しい情報を流してほしいものです。

 

 

昨日来られた60歳の男性の新患さん。

健康にはかなり気を付け、ウォーキングやランニングなどを行い、

今まで腰が痛くなったという事はほとんどなかったそうですが、

お盆休みでダラダラしてお孫さんを抱っこしてから腰が痛くなり、

シップを貼ったりしたそうですが回復せず、

娘さんの紹介でお電話をいただきました。

施術前にお話を聴いている段階で原因が分かったので、

その事をお伝えしご自分でも思い当たることがあったそうで、施術開始。

この方の場合、右足にほとんど荷重できず白湯のバランスが崩れているのが

原因でした。施術後院の玄関を出てしばらくすると戻ってこられ、

「腰が軽いし痛くない」とわざわざお伝えいただきました。

すぐに結果が出てよかったです♪

今月は首が痛くなったりしました⁉

本日の腰痛新常識
『5つの異なる職種の男性149名を対象に、1年間にわたってMRIで腰部を観察した結果、
椎間板変性と腰痛との関連はなく、職種による異常検出率にも差はなかった。
調査期間中に13名が腰痛を発症したが、MRI所見に変化はないことも判明。』

http://1.usa.gov/kx1dpn

肉体労働が椎間板に影響を与える事はありません。

実際当院にも配送の仕事をしていた方がデスクワークになった途端

腰下肢痛を訴える様になった方もいます。

腰が痛くなったらどうしようなどと恐れず行動して下さい。

 

 

 

 

昨日1か月に1回のメンテナンスに来られた50代の男性の患者さん。

8月はたまにランニングをしていても左足を引きずる感じがして、

仕事をしていても首がしんどかったです。という事で、

先週メールで予約を取って昨日来られました。

確認すると骨盤のバランスが崩れていました。

この方は半年くらい月1かいのメンテナンスに来られていますが、

こんなにつらかったのは初めて。

先月から海外の出張などが多くバタバタしていたそうで、

趣味のランニングも定期的には出来なかったそうです。

そういったこともあり、カラダのバランスが崩れてしまったのでしょう。

整体後、カラダのねじれ感も無くなり脚長差も無くなり首の違和感も取れました。

かなり疲れがたまっていた様です。

今月もかなり忙しいそうですので、無理をして体調を崩さないか心配です。

腰の張りがマシになってきました♪

本日の腰痛新常識
『ありふれた症状を訴える患者200名をプラス思考で接した治療群と無治療群、
マイナス思考で接した治療群と無治療群に割りつけたRCT(ランダム化比較試験)によると、
2週間後の改善率は治療の有無に関わらずプラス思考で接した群の方がはるかに高かった。』

http://1.usa.gov/qJyVdX

患者さんには安心と勇気を与える場合と不安と恐怖を与えた場合とでは

安心と勇気を与えたほうが治りが早かったという事です。

「○○しないと悪くなりますよ」と言われるより

「○○しても大丈夫ですよ」と言われるほうが良いですよね。

私も気を付けています。

 

 

 

先月から来られている50代の男性の患者さんですが、

この方、腰痛がひどくなり早期退職し、

勤務地の北海道から実家に戻ってこられたのですが、

北海道で受けていたAKAという施術が気に入っておられて、

ネットで当院を見付けてこられました。来られた当初は、

引っ越しのバタバタや気温の違いでかなりまいっておられ、

腰痛も悪化し腰が伸びない状態でした。3回の施術と温熱療法を週に1回行い、

腰が伸びて家でストレッチや腕立て伏せが出来る状態になりました。

何とか早く痛みを取りたいという気持ちが強く、

一生懸命にカラダの事を考えておられるので、

少し肩の力を抜く様にアドバイスさせて頂きました。

カラダの事を何とかしたいという思いの強い方は、

どうしても肩に力が入ってしまい逆効果になってしまう場合があります。

治らない痛みはありませんので少し肩の力を抜いているといただくと

「腰の張りがマシになってきました」というお言葉をいただきました♪

全く痛みがなくなりました~

本日の腰痛新常識
『腰痛で長期欠勤している患者975名を3年間追跡したRCT(ランダム化比較試験)によると、
200日後の復職率は教育プログラム(従来の常識はすべて忘れて怖がるなという指導)群が
70%だったのに対して、標準的治療群はわずか40%でしかなかった。』

http://1.usa.gov/mUEwJH

従来の治療群とは、安静にして鎮痛剤とシップを貼るというものです。

新しい腰痛概念に基づく教育プログラムの方が改善率が良かったという事です。

腰痛は恐れず日常生活を続けることが大切なのです。

 

 

 

 

 

先週ぎっくり腰をおこして来院された50代の女性の患者さんですが、

昨日2週間ぶりに来院されました。お盆という事で実家に帰っておられて

掃除や家事などバタバタしていたそうですが、

「全く腰の痛みを気にすることなく過ごすことが出来た」そうです。

痛みを恐れず日常生活を続ける事で早期回復に繋がります。

皆さんも安静第一はやめてくださいネ。

重たい荷物を持ったからと言って腰痛になるとは限りません⁉

本日の腰痛新常識
『健常者41名を対象に腰部椎間板を5年間にわたってMRIで追跡調査した結果、

物理的負荷(重量物の挙上や運搬・腰の回転や屈曲等)という従来の危険因子は

椎間板変性とは無関係で、腰痛発症率はむしろ椎間板変性のある方が低かった。』
http://1.usa.gov/178sVnE

重たい荷物を持っても椎間板は潰れません。

また椎間板がつぶれている場合腰痛にはならない事が分かりました。

腰痛になると言われている動作も恐れなくていいのです。

また安静が腰痛にとって一番良くないですので腰痛の場合適度にカラダを動かし、

日常生活をおくるようにしてください。

 

 

 

先日来られた50代のぎっくり腰をおこした女性の患者さん。

看護師さんですが、仕事で患者さんを抱きかかえようとした際

グキッとなり動くこともままならない状態で、

次の日にお仕事を休んでネットで当院を探してこられました。

元々腰痛があったそうですが、こんなに痛くなったのは初めてとの事。

ベットに上がるのもものすごく時間がかかりましたが、

施術後ベットから降りる際はかなり楽になったようで、

軽く体を動かして「前かがみできる様になった~」と喜んでおられました。

この方のぎっくり腰の原因は、夏場に冷たいものを飲んだり食べたりし過ぎ、

また仕事も配置転換でストレスが多くなっていたことが考えられます。

皆さんも、腰が怠いなという状態の時は、お風呂で温まったり軽い体操などをして

予防して下さい。

1 59 60 61 62 63 64 65 92