原因

更年期の女性や妊娠中の女性の多い『ばね指(弾発指)』。
手や指の使い過ぎが主な原因ですが、透析患者さんや糖尿病患者さんにも多い様です。

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。
手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は肘から手首にありその力を腱が伝えます。
その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえている腱があり、
ベルトとベルト通しの関係に似ているのですが、靭帯と指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。 その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、『腱鞘炎』になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。
これを『ばね指(弾発指)』と呼んでいます。

症状

指の付け根で指を曲げる腱と腱鞘の間で炎症が起こると、
『腱鞘炎』になり腱鞘の部分で
腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。
多くの方が朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも
ありますが、
進行してくると『ばね指』となり、さらに悪化すると曲がったまま
指が動かない状態になります。

治療

炎症がある時は、安静が大切です。

しかし、女性の方は家事や仕事など安静にしていることは難しいと言われる方も多いでしょう。

出来るだけ炎症を早くひかすことで、少しでも早く動かせられるようにすることが大切です。

原因として考えられることは指の使い過ぎが一番考えられますが、手関節の骨格の形状が崩れる事で、
『ばね指(弾発指)』は起きることがあります。
当院ではカラダ全体のバランスが崩れていないかを確認させて頂き、カラダのバランスと手関節の
バランスを同時に整える整体を行ないます。そうすることで回復が早まります。

『ばね指(弾発指)』と言われるので指の関節にだけ問題があると思っている方も多いのですが、
指の炎症している部位だけを診ていても治らないのです。