不必要な画像検査が医療費高騰を招く?

皆さんおはようございます(^O^)/
和泉市 笑福整骨院 院長村西です。
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
『メディケア受給者を調査した結果、11年間で腰痛患者(132%増)の医療費は387%増加し、2年間でブロック注射の費用は59%、MRIとCTの費用は42%増加。レッドフラッグのない61%がMRIを受けていた。』http://1.usa.gov/tWSnmN
昨日に引き続き2006年にアメリカで出された論文です。
日本では確実に腰が痛いといって整形外科を受診したら100%に近い方が
レントゲンを撮ります。
レントゲン上の異常が見つからない時は、「MRIを撮りましょう」と言われると思います。
何度も書いていますが、レッドフラッグの腰痛以外は画像検査の必要はありません。
不必要な画像検査が医療費高騰を招くのです。

画像診断⇒手術で医療費高騰?

皆さんおはようございます(^O^)/
和泉市 笑福整骨院 院長村西です。
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。

『306ヶ所の医療機関からメディケア受給者をランダムに抽出して分析した結果、CTとMRIの実施率は地域によって異なっており、画像検査実施率が最も高い地域は手術実施率も最も高いことが判明。画像検査の妥当性には疑問がある。』http://1.usa.gov/u160QN
画像検査⇒手術という図式が当たり前になっており、必要のない手術を受ける事で
治らないカラダが出来てしまう。。。
医療費高騰を抑える為にも、必要のない画像検査や手術は避けて、
本当に必要な医療を提供することが望ましいのです。
先日も、3年前にヘルニアの手術を受けた方が、当院に来られました。
ヘルニアの手術を受けたとしても2年後の疼痛は保存療法をされた方と比較しても
ほとんど差がないことが科学的に証明されています。
受ける側も提供する側も正しい知識で正しい医療を選択しましょう。

世界で一番CTを保有していて世界で一番画像検査による年間発がん病患者が多い国?

皆さんおはようございます(^O^)/
和泉市 笑福整骨院 院長村西です。
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。

2016-04-19-07-44-40
2016-04-19-07-45-03
『日本の原爆被爆者データベースから先進15ヶ国の画像検査による放射線被曝量と発がんリスクを推計した結果、検査回数も発がんリスクも日本が世界一であることが判明。全がん患者の4.4%(約1万人)が画像検査に起因している可能性あり。』http://1.usa.gov/blSDtG
2004年に世界が驚いた論文ですが、日本では報道されていません。
なぜなのかわかる方も多いと思います。
この小さな島国で、世界一のCT保有国、長谷川淳史氏著「腰痛ガイドブック」
では人口100万人当たりのCT保有台数として日本は約90台とアメリカの7倍
イギリスの16倍ものCTを保有しているそうです。(2005年のデータ)
また、画像検査による年間の発がん病数は約10,000人と他の国を大きく引きしています。
メリカで約5,800人、ドイツで約2,000人ですからとっても多い事が
かります。
検査を受けないといけないご病気の方もいてると思いますが、
「とりあえずCT、MRI、レントゲンを撮りましょう」と言われて受けるのは
止めた方が良いと思います。

本日の予約状況

4月19日 火曜日  「地図の日(最初の一歩の日)」
おはようございます(^O^)/
快晴の和泉市。
朝晩は冷え込みますが、これで例年並みなのだそうです。
日中との温度差がかなりあり体調を崩している方も
多くなっていますので、体調には充分氣を付けてくださいネ。
今日は「地図の日(最初の一歩の日)」1800(寛政12)年のこの日、伊能忠敬が蝦夷地の測量に出発した日に由来。
さて、本日の予約状況は
[残り4名 新規の方2名]となっております。
明日20(水)は休診日となっております
明後日21日(木)の予約状況は
[残り6名 新規の方4名]となっております。
当院は完全予約制です。ご予約なく来院された場合かなりの時間
お待ち頂く事がありますのでご了承くださいませ。
最近は前日までにご予約を取られる方が多いので
当日のご予約はご希望の時間が取りにくくなっております。
ご予約を取る場合は、今すぐにお電話ください。
予約専用番号 0725-53-2800
なお、急な痛みに関しましては、上記の限りではありません。
笑福整骨院


笑福整骨院エキテン
http://www.ekiten.jp/shop_6768709/
Google+ページ
https://plus.google.com/+%E7%AC%91%E7%A6%8F%E6%95%B4%E9%AA%…

1回のCT検査でカラダに受ける被ばく量?

皆さんおはようございます。(^O^)/
和泉市 笑福整骨院 院長村西です。
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
『1回の全身CTによる放射線被曝量は、広島・長崎の爆心地から3.2キロの地点で被爆した生存者とほぼ同じで、がんによる死亡リスクが増加するのは明らか。CTの保有台数は日本が世界一でアメリカの7倍、イギリスの16倍にも達している。』http://bit.ly/hyDov1
3.2㎞という距離は当院から咲花病院くらい大阪城から都島区役所くらい距離です。
遠いか近いかで言うと明らかに近いと思います。
それくらいの感覚はCTを受ける方にあるのでしょうか。
勿論、受けなければならないご病気の方もいますが、年に1回人間ドック等
本当に必要なのでしょうか?

画像検査の結果?

皆さんおはようございます(^O^)/
和泉市 笑福整骨院 院長村西です。
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
『腰痛患者659名をX線撮影群と非撮影群に割り付けて1年間追跡したRCT(ランダム化比較試験)の結果、両群間の身体機能・疼痛・活動障害の改善率に差は認められなかった。ガイドラインは腰痛患者の腰部X線撮影を避けるよう勧告している。』
http://1.usa.gov/rrG6so
腰痛の85%は原因不明です。
画像検査を行っても「異常はないですね」と言われるのが当たり前なのです。
逆に15%のうち命にかかわるレッドフラッグは4%と言われております。
安心してください、腰には異常がないのです。
画像検査後以上の無い腰に湿布を腰に貼っても、痛みが止まる事はあっても治る事はありません。
適切な治療を受けましょう。

ヘルニアの症状や大きさとは無関係?

皆さんおはようございます(^O^)/
和泉市 笑福整骨院 院長村西です。
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
『腰下肢痛患者246名を対象にMRI所見と保存療法の治療成績について2年間追跡した結果、椎間板ヘルニアは腰痛患者の57%、下肢痛患者の65%に検出されたものの、治療成績とヘルニアのタイプ、大きさ、活動障害は無関係だった。』
http://1.usa.gov/tZmk9p
画像検査で得られる椎間板ヘルニアの大きさやタイプは治療成績や症状に
関係がないという事の証明です。
椎間板ヘルニアと診断されても、それが腰痛の原因ではありません。
椎間板ヘルニアは遺伝であるという事もすでに証明されています。
もしこのブログをお読みになっている方で、「腰が痛いから整形外科に行こう」
と考えている方がおられましたら、整形外科でレントゲンを撮っても
腰痛が改善するわけではないですので、レッドフラッグ(命の危険)以外の方は
信頼のおける整骨院か鍼灸院へ行くことをお勧めします。

アメリカではすでに取り組んでいる様です?

皆さんおはようございます(^O^)/
和泉市 笑福整骨院 院長村西です。
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
『米国ではCTやMRIによる画像検査は5年間で43%増加し、PETスキャンに至っては4年間で3倍に増加。民間の大手保険会社はこうした医療費の高騰を抑えるために放射線ベネフィットマネージャーを使って医療調査を開始した。』http://on.wsj.com/uhkJdN
アメリカでは、医療費高騰と医療放射線被ばくについて既に危機意識を持って
取り組んでいる様です。
日本でもそろそろ不必要な画像検査等で不安を煽る医療ではなく、
安心を伝えられるような医療に変換すべきなのではないでしょうか。

改善にはつながりません?

皆さんおはようございます(^O^)/
和泉市 笑福整骨院 院長村西です。
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
『腰痛患者782名を対象としたMRIかCTを早期に使用した場合の
臨床転帰と費用対効果に関するRCT(ランダム化比較試験)では、
早期画像検査による臨床転帰の改善は認められず費用対効果が低いことが判明。
X線撮影だけでなくMRIやCTも役立たない。』http://1.usa.gov/s0OkVE
レントゲンだけでなくMRIやCTも腰痛の改善には必要がないことが科学的に
証明されました。
未だに、「腰がいたい」でレントゲンを撮っているのは世界中を見ても
日本だけです。
レッドフラッグ(命の危険がある痛み)以外はレントゲンもMRIもCTも必要ありません。
無駄な時間とお金を使うことをそろそろやめませんか?

医療費の高騰を防ぐためには?

皆さんおはようございます(^O^)/
和泉市 笑福整骨院 院長村西です。
いつもブログをお読み下さりありがとうございます。
『腰痛患者380名をX線撮影群とMRI群に割り付けたRCT(ランダム化較試験)によると、
両群間の活動障害・改善率・再発頻度などに差は認められなかった。
医師も患者もMRIを好むが手術件数が増えて医療費が高騰する。』
http://1.usa.gov/sxB3et
レッドフラッグ(命の危険のある痛み)以外はレントゲンもMRIも必要が無い事が
科学的に証明されています。
不必要な撮影で不必要な手術が増える事で医療費の高騰を招きます。
真実に目を向ける時代になっているのではないでしょうか。

1 109 110 111 112 113 114 115 131