院長 村西 謙一 むらにしけんいち
笑福整骨院院長

平成19年 国際東洋医療柔整学院入学
平成25年 和泉市に笑福整骨院開業
資格   柔道整復師

子どもの頃からカラダを動かすことが好きで、中学高校とサッカーに打ち込んでいました。

その為、ケガが絶えず腰や膝を傷め常に「鎮痛剤」と「サポーター」が必需品になっていました。また、中学生の頃から片頭痛もひどく、
母が看護師をしていた関係上「鎮痛剤」が常備薬となっていました。

痛みを緩和する為、筋肉を強化しようとインストラクターとして働いていたスポーツクラブでは自分でトレーニングもしましたが腰痛は一向に治らず、次に働いた福祉施設では介助することが多い為、さらに「鎮痛剤」と「腰痛ベルト」を毎日つけていました。
そんな状態では、いい笑顔を作ることが出来ず色々な病院に行きましたが治る事は無く、半ばあきらめていました。

しかし、カラダの構造に興味があり、障がいを持った方の生涯にわたってケアをしたいと思い一念発起して柔道整復師の学校に入学し、
同時に鍼灸整骨院で修行しました。
そこで今の私の施術の基となる手技を教えて頂き、国家試験に合格して「柔道整復師」となってからは分院を任されました。
しかし働いていた院は多くの鍼灸整骨院を経営しているグループ院だった為、患者さんの症状に応じた施術ではなくマニュアル通りの施術しか出来ないので、自分が苦しんでいた腰痛や頭痛が緩和した施術を患者さんに受けて頂きたいとの思いから平成25年に和泉市で小さな整骨院を開業いたしました。
開業後も手技の勉強会などに参加し、昨日より今日、今日より明日と最高の知識と技術を提供できるように日々精進しています。