いつの間にか骨折でも受診する必要なし⁉

posted in: 患者さんの声 | 0

本日の腰痛新常識
『有痛性の骨粗鬆症椎体骨折患者を対象としたRCT(ランダム化比較試験)によると、

骨セメントを注入する経皮的椎体形成術群(38例)と模擬手術群(40例)の

術後成績に差は認められず、両群とも急速に痛みが軽減した。

椎体形成術はプラシーボに勝てず。』
http://1.usa.gov/jPz9Pb
骨粗鬆症による椎体圧迫骨折で痛みを訴える方がいますが、

その手術として行われる骨セメント注入療法ですが、

プラシーボ効果(偽薬)しかなかったという事です。

最近「いつの間にか骨折」と言って整形外科を受診するように煽っているCMがありますが、

受診する必要は全くありません。

 

 

 

昨日来られた40代の女性の患者さん。
5回目の施術でした。初めて来られた時は、

腰から下肢の痛みが繰り返しており痛みが出るたびに、

整形外科でシップと薬をもらうことばかりをしていたそうです。

しかし、繰り返す痛みが嫌で、根本的に治したいと思ったそうで、

当院に来てくださいました。

2回の施術では「まだ痛い」という事で、施術間隔を狭めて3回目、ほとんど痛みがなくなり、

2週間後の4回目では全く気にならず仕事にも集中できるようになったそうです。

それから1ヶ月経った昨日、お聞きすると「痛みが全くでなくなった」との事。

これからは、痛みが出ない上体が続くように、

月1回のメンテナンスに通われる予定です。

痛みが出るかもという不安がなくなると仕事や趣味にも集中できるので、効率UPですね。

レントゲンで異常があったとしても⁉

posted in: 患者さんの声 | 0

本日の腰痛新常識
『腰痛患者200名と健常者200名のX線写真を比較した研究によると、
両群間に変形性脊椎症、骨粗鬆症、椎体圧迫骨折などの異常検出率に差は認められなかった。
したがって老化による解剖学的変化が腰痛の原因とは考えられないと結論。』

http://1.usa.gov/jb0ly3
変形性脊椎症であっても、骨粗鬆症であっても、椎体圧迫骨折があっても

症状が出ない方は多くいます。

レントゲンなどの画像検査で異常があったとしても

それが必ずしも痛みと関係はないのです。安心してくださいネ。

 

 

先日来られた50代の男性の患者さん。
定期的に通われている方なのですが、

先日美容室で髪を染めたりカットして約2時間座りっぱなし、

なんとなく「腰がおかしくなってきたなぁ」と思っていたそうなのですが、

最後に肩をもんだり叩かれたりした途端に肩から腰に掛けて違和感が出たそうです。

「せっかく調子が良かったのに・・・」と嘆いておられました。

美容室でのことがきっかけに過ぎないのかもしれないですが、

カラダを触られる時に「相性」というものがあります。

たまたま相性が悪かったんだと思います。

腰椎の変形と腰痛は関係がない⁉

posted in: 患者さんの声 | 0

本日の腰痛新常識
『腰痛患者378名と健常者217名の腰部X線写真を比較した研究でも、

両群間における変形性脊椎症の検出率に差はなく、加齢と共に増加する傾向が見られることから、

変形は正常な老化現象にすぎず、腰痛の原因とは考えられないと結論。』
http://1.usa.gov/msMFAV
レントゲン画像の異常と腰痛は全く関係がありません。
世界の腰痛診療ガイドラインでも、レッドフラッグ(命の危険)の場合のみ、

画像検査を推奨しています。腰痛があってもレントゲンを撮る必要は無く、

逆に放射線被ばくの危険性が高まります。気を付けて下さいネ。

 

 

 

昨日来られた40代の女性の患者さん。
先週日曜日にぎっくり腰をおこしてから2回目の施術日でした。
1週間の様子をお聴きすると、

「先生が安静にしたらダメと言われたのが印象に残っていて

日常生活をしていると2日ほどで何ともなくなった」と言われていました。

そうなんです、痛みがあるとどうしても安静にしがちですが、

動ける範囲で動くことで回復は早まります。

痛みに負けないで日常生活を過ごしてください。

腰痛=安静第一は間違い⁉

皆さんおはようございます(^O^)/

和泉市 笑福整骨院 院長村西です。

いつもブログをお読み下さりありがとうございます。

『急性腰痛患者186例を対象としたRCT(ランダム化比較試験)によると、安静臥床群、ストレッチ群、日常生活群のうち、最も早く回復したのは日常生活群で、
最も回復が遅かったのは安静臥床群だった。腰痛に安静第一は間違い。むしろ回復を妨げる。』

http://1.usa.gov/mOolz9

急性腰痛とはいわゆるぎっくり腰の事です。

当院でも急性腰痛の場合でも安静指導はしておりません。

かなり強い痛みであっても痛みに負けずに動ける範囲で動く方が回復は早いですよ。