院長一人で施術しています。

posted in: 院長の想い | 0

あなたのカラダの症状・状態・バランスを把握するために、私が一人で施術させて頂きます。

刺激の量・普段の姿勢・これから気を付けて頂く事などをあなたのカラダを通してお伝えする為です。

「今とりあえず気持ち良くしてほしい」「長時間マッサージして・・・」と言うようなその場しのぎや、慰安的行為は行っておりません。

一人ひとりのカラダは全く同じではありませんから、症状が同じであっても歪んでいる部位は違います。それは施術時の私の手を通してわかるものです。

だからマニュアルを作ることが出来ないのです。その様な理由で私一人が施術させて頂いております。

「今の痛みを取り除き、将来痛みで苦しまないカラダ、趣味などを楽しめるカラダを作る」のを当院のミッションとさせていただいていますので、

「治らなくてもいいから今の痛みを取ってほしい」「首(腰)だけ施術して」と言うような対症療法はしておりませんので、その点をご

理解頂いてから「根本から改善したい」「将来痛みが出にくいカラダを作りたい」と本気で考えておられる方は是非当院へお越しください。

院長の想い。

posted in: 院長の想い | 0

笑福整骨院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

はじめまして 笑福整骨院の院長村西謙一です。

私は、小学生高学年の頃急に身長が伸び周りの友達と頭一つ大きいのがなぜか恥ずかしく思い、

背中を丸める癖がついてしまいました。

その為、肩こりや偏頭痛に悩まされるようになり、またサッカーをしていたのですが、

膝の痛みや腰の痛みに悩まされていました。

母が看護師だったので家に鎮痛剤があり、中学生の頃から薬が手放せなくなりました。

整形外科に通いリハビリをしたり整骨院に通ったりもしました。

が良くなってはまた痛くなる繰り返しでした。

スポーツクラブで働くようになって筋トレなどもしていましたが、症状はよくなるどころか悪くなる一方で、

転職して障がい者施設で重度の障害を持った方の介護をしている時は

腰痛ベルトと鎮痛剤は手放せず、我慢するしかないと思っていました。

そのころ、障がいを持っている方の手帳を見て同じ病名なのに、

障がいの出る部位に違いがある事がすごく気になり

人間のカラダにものすごく興味を持ち一念発起して「柔道整復師」の資格を取るために学校へ通うことにしました。

30歳を過ぎて、机に向かうのはかなりしんどかったです。(笑)

資格を取ってからも整骨院で働きながら、「なぜ症状が同じなのに硬くなる筋肉が違うのか?」

不思議に思っていました。

結局今も障害を持った方の症状の違いは分からないのですが、

肩こりや腰痛の症状や期間が違うのは今まで患者様のカラダを診てきて原因がわかりました。

私自身あきらめていた肩こり、偏頭痛、腰痛は働かせて頂いていた整骨院で今の私の原点である

「骨盤矯正・背骨矯正」でみるみる改善しカラダが軽くなっていったのです。

こうして私は気が付けば薬の事を忘れている日々、私がこんな風に治るのなら多くの患者さんにも味わってもらいたい!

痛みを気にせず毎日を楽しんでいただきたい!と強く想う様になり

平成25年4月に箕形町で小さな整骨院を開業させて頂きました。